MINI is my life

大学生ローバーミニ乗りの、ミニとの生活と日常
気まぐれに更新中

MINIのミニカー!

どうも皆さんこんにちは。セカベです。
今日で試験は終わり、明日からは、というか今日の午後からは気ままな春休みが始まります!!
スタッドタイヤも注文しましたし、まったくもって順調です!


そうそう、昨日、待ち望んでいた『あるアイテム』が届きました!


ミニクーパーSのトミカです!!


トミカは子供向け玩具というだけではありません!
事実、トミカの派生商品で、現在の観賞用小スケールミニカーの先駆けとなった『トミカリミテッド』シリーズや「もしもトミカが昭和30年代に誕生していたら」というコンセプトで旧車を主要ラインナップにしている『トミカリミテッドヴィンテージ』シリーズなどもあり、割と侮れない玩具なのです(今回のミニのトミカは普通のトミカですが)。



このトミカ・ミニは結構良くできています。繋ぎ目のモールやオーバーライダーなどもついていてカッコいいです。
箱絵とは違い、オレンジ色のボディにユニオンジャックのルーフですが、緑色のもあるみたいです。
ミラーはついていませんが、欠品ではなく元々ついていません。これは子供が遊ぶ事も考え、安全面に配慮しているからだそうです。


※裏面。BLMC MINI COOPER S(MK-Ⅲ)と刻印されています。製造は1979年、サイズは1/50です。

箱にはスペック表も書いてあります。
新車トミカを買わなくなって久しいですが、今のトミカの箱にはスペック表載ってるんでしょうか?
気になりますね~


手元にあったもう一台のトミカとの比較写真です。これは日産スカイラインGT-Bですね。
ミニの方が大きく見えるのは縮尺が違うからで、1/50のミニに対し、スカイラインは1/60となっているからです。


なぜ同じトミカでもサイズが違うのかというと、その理由はトミカの設計方法にあります。
トミカは実車の大きさ関係なしに、統一サイズのパッケージを元にその大きさを決めます。
乗用車であれ、小型車であれ、大型車であれ、あの長方形の箱に収まるように作られるからです。
だからこのようなサイズの違いが生じているんですね。



いつも手元にミニを置いておきたくて、今回、このクーパーSのトミカを購入しましたが、個人的には大満足です。手に入れて良かったです。


それでは今回はこの辺で。ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。